器用貧乏サラリーマンazamixx(あざみっくす)の「人生が素敵になるかもしれないブログ」

azamixx.exblog.jp
ブログトップ
2015年 07月 04日

お店の店員さんに敬語を使わない人は、価値と対価のバランスが分かってないと思う

みなさん、こんにちは。azamixxです。


私は、レストランや居酒屋の店員さんに敬語を使わず、
ため口や命令口調で話される方がすごく気になります。

なぜかというと、初対面だったり面識のない人に、
ため口を使うことが違和感でならないのです。


ずっと昔、会社の同僚が店員さんに向かって、
「これちょうだい、あと灰皿ね」って、さらっと言ったのです。
その時私は、なぜ敬語を使わないの?と聞いたら、
「だってお金払うのこっちだから、あたりまえじゃん」
って言われました。

何ともこの時の気持ちが忘れらないのですが、最近ようやく、
お金を払う=偉いこと ではないことに気づき、
この時の違和感の原因が分かりました。



そもそも、自分にできないことを他人にやってもらう為に、
致し方なくお金、という手段で対価を支払います。


お金の概念がなければ、他人にしていただいたことと、
相応なことをこちらもしてあげる、いわゆる物々交換ですね、
それで成り立っていたはずです。
 料理を作ってもらった⇔今度自分が作るよorおいしい料理のお礼に歌を歌います、みたいな。


つまり、
お金を支払う = 物を作る・サービスを提供するは、どう考えても対等です。
お金を払うこっちの立場が上、なんてのはとんでもない間違いだと思うのです。



そうやって考えると、楽して金を儲けるなど言語道断。
そんなこと考えたり、実行したりするから世の中のバランスが崩れるのだと思います。

誰かが価値のあるものを産みだした結果、それに対して存在していたはずの対価(お金)なのに、
何も産みだしていないやつに過剰に対価(お金)がいきわたってしまったら、
せっかく生み出しても、正当な対価を得られない人が出てきてしまう。



世の中って、そうやって損得が発生しているんだなと思いました。

少なくとも自分で価値を生み出しているときは、
対価に合ったクオリティかどうか、しっかり考えておかないといけないと、
気を引き締めるわけです。

■■■関連記事■■■

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
azamixx facebookとtwitterをやっています。
それぞれ友達申請、フォロー自由ですので、
よろしくお願いいたします

【facebook】

【twitter】
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
azamixx facebookとtwitterをやっています。
それぞれ友達申請、フォロー自由ですので、
よろしくお願いいたします

【facebook】

【twitter】


azamixx主催の生放送インターネット放送
【AZAMIXX Broad Channel】放送決定!
 第一回は 10月17日(土)19:00~
↓番組サイトはこちら↓


私も卒業しました!
好きを仕事にするセルフブランディング&ブログ術実践編
【かさこ塾】



[PR]

by azamixxblog | 2015-07-04 14:52


<< 「人に感謝をするということ」を...      まんが道は大人になればなるほど... >>


その他のジャンル