器用貧乏サラリーマンazamixx(あざみっくす)の「人生が素敵になるかもしれないブログ」

azamixx.exblog.jp
ブログトップ
2015年 06月 24日

自分にとって最高の仕事をしているって思ったことはありますか?

こんばんは、azamixxです。


私は、今の仕事が自分にとって最高の仕事だと思っています。
今日はそんな話です。


私はいわゆるWebマーケティングという分野の仕事をしております。

どんなことをするかというと、クライアントのWebサイトの売り上げを上げるために、
あーしましょう、こーしましょう、とさまざまな提案(広告を出したり、Webサイトを作り直したり)をしていく仕事です。


では、なぜ私が今の仕事を自分にとって最高の仕事だと思うのか、
大きく分けると2点あります。


1点目がWebマーケティングそのものの仕事の魅力です。
・Web市場はどの分野よりも最先端の技術である
・クライアントの経営の根幹にかかわる仕事である

という理由から、圧倒的な高クオリティのアウトプットをし続けなければ勝てない市場で戦うことに、
究極の楽しさを覚えます。


2点目が自分のいる会社の環境のすばらしさです。

・最先端のWeb業界で最先端の人々に囲まれて仕事をしている
・単に技術だけの話でなく、人としてどうあるべきかを勉強できる(これができないと対経営者〈経営部署〉とは商売ができない)

という理由から、とことん自分を叩き直せるところに毎日しびれています。



私はWeb素人、周りは最先端の市場のプロフェッショナル達、ドベンチャーで人数もいないの(自分でやらなきゃ何にも生まれない)
という環境でもまれ続けていたら、いつの間にか今の仕事がかけがえのないものになりました。


そりゃ、いまの状態になるまでは長かったですよ。
2日に一回はやめようと思ったり、前の会社に戻ればもっと活躍できるのにと葛藤したり、自分は全く向いていないんじゃないかって思ったり、
そもそも自分の生き方間違えていたんじゃないかって思ったり。

ぐるぐるぐるぐる回って、今に至るのです。


山の向こうの景色は、登ったやつにしか見えないんだなって、
本当に心から思います。(ま、私はまだ一合目ですけど)
続けていればいつか山は登りきる、そして登り切った時にこう思うのです。「やってて良かったな」と。

次に行く場所は山の頂上から探せばいい、山の途中で次に行くとこ探しても、
大して景色も見れないんだから今よりいいとことにはいけないですよ。
登り切った時に、もっと高い山があることに気づきかもしれないし、
とっても広い海があることに気づくかもしれない。



だから若い人には、苦しければ苦しいほどそれは自分のためになるのである、
と信じていただき、ひたすら頑張ってほしいなとおじさんは思います。
いつか最高の仕事だぜ、ってどや顔でいうときがきます。



明日は週の真ん中水曜日。
不動産屋さんや休みですよ。
(あ、そういえばなんで不動産屋さんは水曜日が休みか知ってます?)


お休みなさい。

[PR]

by azamixxblog | 2015-06-24 02:31


<< 三谷幸喜「大空港2013」が面白い      アニメ 「デスパレード」って知... >>


その他のジャンル