器用貧乏サラリーマンazamixx(あざみっくす)の「人生が素敵になるかもしれないブログ」

azamixx.exblog.jp
ブログトップ
2015年 06月 26日

音楽回想録 〜17歳のとき、僕はパンクロックを知った~

みなさん、こんばんは。azamixxです。


突然始まった音楽回想録。
まあ、なんのこっちゃわからないと思いますが、要は私が今まで出会った音楽をなるべく細かく、回想しながら、数回にわたって書いていく、というものです。

高校生のときからだから、15年くらいの間に聴いてきた音楽の話になろうかと。
回想録のため、敬語ではなく、口語調になりますがお含みください。




17歳、高校二年生の時に僕はパンクロックに出会った。

パンクロックといっても、セックスピストルズやクラッシュではなく、ハイスタンダードを聴いたのが全ての始まり。

当時僕は、友達たちとヴィジュアル系ロックバンドを聴いていた。どちらかというと、その音楽がすごい好き、とかではなく、バンドやりたい、モテたい、って理由の方が強かった。

そんな折に、ふとヴィジュアル系は聞かず、いつも洋楽を聴いていた友達からハイスタを聴かせてもらった。

このことが僕の人生においてとてつもなく大きな変化をもたらすきっかけだったので、なぜ彼からハイスタを聴かせてもらうことになったのか、思い出したかったのだが、どうしても思い出せなかった。

ただ、聴かせてもらってからの、友達たちとの会話は鮮明に覚えている。


僕:へー、結構かっこいいね、聴きやすいんだね。洋楽も悪くないなー。これってどんなジャンル?

友達:パンクとかメロコアってやつだよ。

僕:えー?これってパンクなの?意外!

友達:そうそう。結構キャッチーな曲が多いんだよ。あとハイスタは日本人だよ。


僕:えー!なんで日本人なのに英語で歌ってるの?

友達:うん、知らない。


それまで日本人は日本語で歌うもんだと思っていた僕にとっては衝撃だった。
よく、パンクを聴いて衝撃を受けたって言う人が多いですが、僕の場合は、そんなポイントが衝撃だったのです。


そのときに聴いた音源がこちら。




Hi-STANDARD/ANGRY FIST
e0342513_02065006.jpg
出典:http://artist.cdjournal.com/d/angry-fist/1197050611




こうして私の音楽とともにある人生が始まりましたとさ。



[PR]

by azamixxblog | 2015-06-26 08:41


<< 満員電車で負のオーラを満タンに...      断捨離しました。 >>


その他のジャンル