器用貧乏サラリーマンazamixx(あざみっくす)の「人生が素敵になるかもしれないブログ」

azamixx.exblog.jp
ブログトップ
2015年 06月 27日

自分の小さな箱から抜け出す方法という本

みなさん、こんばんは。azamixxです。

自分の小さな箱から脱出する方法という素敵な本があります。今日はそんな話。


いわゆる自己啓発本に分類されるであろう当書籍は、ズバリ自分を見つめ直すことには最強の本です、今のところ。

ざっくり内容はこんな感じ。


人は箱に入っているときと入っていないときがある。
箱に入っているときは、自己中心的に物事を考えない、他を受け付けない状態。

箱の外にいるときは、素直な気持ちで人に接することができる状態。

そんな考え方を体系立てて説明してくれる話です。


と、かなりホワッとした解説ですね。

つまり、プライベートでも仕事でも、人間関係において、箱に入っているかどうかは極めて重要で、箱に入っている状態では、誰にも認められず、信頼してもらえず、自分自身も成長できない状態である。

その自分が箱に入っていること自体に気づくというのがめちゃくちゃ重要。


箱に入っている状態は主に自己欺瞞が特徴的。


みなさんこんな経験はありませんか?


電車で座っていると、近くに老人の方が立っていることに気づく。
でも席を譲るの億劫だし、第一その老人の前にも若い人座ってるし。
でもどうしようかな。

と思っているうちに、狸寝入りを決めてしまうときなどです。


この狸寝入りを決めた瞬間、自分のこの判断を正当化しようとするのが人間です。

「昨日、あまり寝てないしな」「僕より若い人、座っているしな」
など。


そうしなければいけない、とわかりつつも逆の行動をとり、それを正当化する。
これが自己欺瞞。

すごく、私自身も身に覚えがあり、その段階でこの本の内容がスッと入り始めました。




また、この本は、チャレンジし続けている人こそ、
2度3度と読むごとに自分がアップグレードしているのが分かるので
お勧めです、良書!




[PR]

by azamixxblog | 2015-06-27 02:33


<< 映画「凶悪」を見ました      満員電車で負のオーラを満タンに... >>


その他のジャンル