器用貧乏サラリーマンazamixx(あざみっくす)の「人生が素敵になるかもしれないブログ」

azamixx.exblog.jp
ブログトップ
2015年 06月 30日

まんが道は大人になればなるほど読んだ方が良い

みなさん、こんばんは。azamixxです。


私は、あまり漫画は読まないのですが、
藤子不二雄の「まんが道」は愛読書であります。

e0342513_01161650.jpg
出典:http://yazibee.hatenablog.com/entry/2015/03/04/000000

藤子不二雄の幼少期からのいわゆる自伝的漫画なのですが、
とても素晴らしい内容なのです。

どこが良いかといいますと、、、

・漫画家になるという極めて高い目標(夢)に一歩ずつ、着実に近づいていく姿が素敵
満賀と才野がとにかく純粋でまっすぐ
・挫折をする場面もしっかりえがかれており、誰もが持っている人としての弱さが見えるところがすごいリアル感がある
満賀と才野はすぐに映画に感化される(鼻息が出すぎ)

なんてとこでしょうか。ほんとはもっとあるのですが、わかりやすいところで。。。


これを読むと、真っ直ぐに純粋な心をもって夢に向かっていくことが本当に素晴らしいことだと思うのです。
往々にして、大人になると「もっと若ければ」「もう遅いよ」とあきらめることがデフォルトになりやすい。
そのあきらめの心を正してくれる漫画な気がします。
だから若いころに読むのも良いが、大人になればなるほど、主人公たちの真っ直ぐさに惹かれるはずです。


夢に向かって毎日何かに没頭する、こんなに素敵なことはない。
いつ、どんな時、何歳でも、やり始めたら勝ち、人生が一気に素晴らしいものになるはず。
たった一度しかない人生、人からなんて言われようが、どう思われようが、
やりたいことをやった方がよい。

そう思って、行動を起こしてくれる人が一人でもふえれば、良いなって思っています。



お休みなさい。


[PR]

by azamixxblog | 2015-06-30 01:45


<< お店の店員さんに敬語を使わない...      ハンモックにゆられながら、ブロ... >>


その他のジャンル