器用貧乏サラリーマンazamixx(あざみっくす)の「人生が素敵になるかもしれないブログ」

azamixx.exblog.jp
ブログトップ
2015年 07月 11日

映画『バケモノの子』を見ました (ネタバレなし!)

みなさん、こんばんは。azamixxです。


「時をかける少女」「サマーウォーズ」「おおかみこどもの雨と雪」で有名な、
細田守監督 最新作『バケモノの子』を見てまいりました。

e0342513_22432391.jpg
出典:http://www.cinematoday.jp/movie/T0019739


今までの作品が、ものすごいファンだったので、
ハードルが相当上がっており、正直見るのが怖かったのですが、(期待を裏切られたらどうしよう・・・という不安)
感想をお伝えしましょう。



めちゃくちゃ面白い。
そしてめちゃくちゃ感動する。



映画館で一人(残念ながら)で見ていたのですが、
さすがに一人で泣くのは恥ずかしいから、必死にこらえていたのですが、
努力むなしく、涙がほほを伝っていく場面が何度か・・・


ストーリーですが、こんな感じです。(すごいざっくり)
================
人間界で居場所を失った少年の「連」は、ひょんなことからバケモノの世界に紛れ込み、
そこで出会った「熊哲」(くまてつ、画像の左)の弟子となる。
連(バケモノ界では九太)と熊哲、お互い衝突しながらも一緒に成長して様子を描いた作品。
================


私の観点でのポイントは
・連(バケモノ界では九太)・熊哲、いずれも不器用だけど真っ直ぐなところが心をつかむ
・わかりやすい話の展開で腹にスッと落ちる
・それぞれのキャラがしっかり立っている
・マッドハウスのアニメーションは映画館でみると更にグッとくる
・高木正勝氏の劇中歌がよい
などなどです。


本当にまっすぐで素直な人(バケモノも)が努力している姿を見ると、マジで感動します。
そして切磋琢磨した二人にしかわからない友情(?)も描かれており、最高です。


細田作品にはこのような真っ直ぐな人登場し、
その人が努力するから素敵です。


ぜひ、映画館でご覧になることをおすすめします。


======================
azamixx facebookとtwitterをやっています。
それぞれ友達申請、フォロー自由ですので、
よろしくお願いいたします

【facebook】

【twitter】

[PR]

by azamixxblog | 2015-07-11 23:04 | 映画


<< カバーアルバム「宇多田ヒカルの...      【写真のデータが消えてしまった... >>


その他のジャンル