器用貧乏サラリーマンazamixx(あざみっくす)の「人生が素敵になるかもしれないブログ」

azamixx.exblog.jp
ブログトップ
2015年 08月 28日

人から勧められたものは、実行してフィードバックすると、自分ためにも相手のためにもなる。

みなさん、おはようございます。azamixxです。


日頃、人から「あの映画面白いから是非見てみて!」とか、「この本、本当に勉強になるから読んでみて!」
とか何かを勧めれられることは多々あるかと思います。

でも意外と人から勧められたものって、
それを実行に移すのに時間がかかったり、結局やらなかったり、ということはありませんか?

それは、仕事のように、「絶対にやらないといけないこと」では無いため、
必然的に自分の中でも優先度が下がってしまうんですよね。

私も、どうしても目の前のことが優先度高く、
中々勧められたものに手を付けられないってことが多かったです。


しかし、先日人から勧められたことに対して、
根本から意識を変えよう!と思ったことがあったのです。


それは、中学校教師をしている私の友人とお酒を飲んでいるときの話です。

何気なく私は友人に、「この動画、すごい感動するから今度見てみてー」と、
植松電機という会社の専務のスピーチを勧めました。
e0342513_07520606.jpg
↑植松専務のスピーチ『思うは招く』 TED×SAPPOROより 
※動画はこの記事の最後にリンク貼っておきます

友人に勧めたときは、本当に何気なく、だったのですが、
1か月後、その友人からその動画についてフィードバックがあったのです。

それは、
「この間の動画、すごい感動して、学校の道徳の授業で使ったんだ!」
「そうしたら、生徒たちから『夢を追いかけることって、かっこ悪いことじゃないんだ!』って、自分でもびっくりするくらいポジティブな反応が返ってきたよ!」
「本当に勧めてくれてありがとう!」
といったフィードバックでした。


私は、植松専務のスピーチにも相当感動しましたが、
このフィードバックにはもっと感動しました。

自分が何気なく勧めたことが、見ず知らずの中学生に、
ちょっとした勇気を与えたんですから、それはそれは極上の喜びでした。


こんな体験から、そういえば自分が良いと思ったものを人に勧めて、
後から、「あれ試してみたよ、●●だったよ」みたいなフィードバックを受けることって、
少ないな、と思いました。

だから、私は人から何気なく勧められたものでも、
できる限り実行してフィードバックするようにしています。

そうすれば、勧めた側も(発信した側)もモチベーションが上がり、
もっと積極的に発信するようになる。
それで自分もまた新しい情報をインプットできる。
結果、この好循環が自分のためにも相手のためにもなる。


こんなことを周りに発信して、人を巻き込んで、
たくさんの人が幸せになれるようにできたらいいなと考えるのでございました。


植松専務のスピーチはこちら


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
azamixx facebookとtwitterをやっています。
それぞれ友達申請、フォロー自由ですので、
よろしくお願いいたします

【facebook】

【twitter】

現在私も通い中!
好きを仕事にするセルフブランディング&ブログ術実践編
【かさこ塾】

[PR]

by azamixxblog | 2015-08-28 08:17


<< 【第2回】アクセス解析でブログ...      やりたい、でもちょっと躊躇する... >>


その他のジャンル