器用貧乏サラリーマンazamixx(あざみっくす)の「人生が素敵になるかもしれないブログ」

azamixx.exblog.jp
ブログトップ
2015年 11月 11日

与えられることが当たり前の"ぬるま湯に浸かっていること"に、いい加減みんな気づくべきである。

みなさん、こんばんは。azamixxです。


私たちが生きる現代は実に多くのものに恵まれ、
物理的不自由を強いられる生活になることは非常に少なくなったと思っています。
そんな時代背景のせいか、本当に多くの人が「与えられること」が本当にあたりまえになっていると思っています。




例えば、以前勤めていた職場でもよくあったケース。


後輩:「○○が無かったので、できませんでした」「教わったことがないので、どうやればいいのかわかりませんでした」

私 :「・・・・いや、どうすればできるか考えろよ。」


と、与えられることがあたりまえで、
何一つ自分で何かを解決するために考え策を講じようとしない姿に、
かなり苛立ち(いらだち)を覚えていました。

カレーを作るのに「人参、玉ねぎ、ジャガイモ、豚肉が必要だよ」って教わっていて、
実戦で「人参が手元になかったのでカレーが作れませんでした」って言ってるようなもの。
いや、人参なくてもカレー作れるし、ってか考えろよ。って思ってしまうのです。



昔はこうやって考えて、その個人を責めたりもしましたが、
でもこれって個人が悪いってことじゃなくて、そういう風に育ってしまう環境(時代)が悪いんだなって最近しみじみ思うわけです。
そう、時代が「与える」ことを当たり前にしすぎたのであります。


では、なぜこのようなことを、小姑のごとく私が言うのか。
それは、これからの世の中、間違いなく「与えられることがあたりまえ」で生きれる時代は終焉を迎えるからです。

理由は、ありとあらゆる事柄のグローバル化、本質を求めるニーズ、日本独自の体質の組織の崩壊、
などが顕著になっていることです。

労働力もグローバル化がどんどん進み、
顧客が求めるものはどんどん本質的なものに、
そして、古き良き日本式の働きかた(年功序列とか)が機能しなくなる、という現象が実際に起き始めていると思っています。

だから従来のやり方・考え方ではこの先通用しなくなるわけです。
大手企業も平気で倒産する時代、ただ与えられることがあたりまえに生きていれば、
いざ与えられない環境に放り出されたとき、間違いなく飢え死にします。


でも、なんだかんだ言ったって、考えろよ!って言う価値観を押し付けるのも、
実はあまりよくないと本音では思っています。
それこそ時代がそうさせてしまったのだから。
その時代を作ったのは私たちの世代と親の世代。責任は取らねばなりませぬ。
なので、大事なのは歩み寄りだなって思っています。
「なんで考えられないんだ!」って言ったって分かってもらえるわけがない。
だって、当人は経験したことがないのだから。


だから、なぜわからないのか、どうやったらわかるようになるのか、
を全力で一緒に考えることで、少しでも成功体験が作れるよう手を差し伸べられるような大人になりたいなって思っています!

そんな思いを常に忘れず、
関わる人すべてが自ら考え行動することの喜びを知ってもらい、
またいろいろな人に広げてほしいなって、心の中では願っています。

■■■関連記事■■■



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
■SNSアカウントのお知らせ
azamixx facebookとtwitterをやっています。
それぞれ友達申請、フォロー自由ですので、
よろしくお願いいたします

【facebook】

【twitter】


■大好評!無料で簡単に日本中の人とつながれる新企画
オンラインスナック「あざみっくす」
次回は 11/15(日)19:00~22:00 オープン予定です!



■azamixx主催の生放送インターネット放送
【AZAMIXX Broad Channel】放送決定!
↓番組サイトはこちら↓


■私も卒業しました!
好きを仕事にするセルフブランディング&ブログ術実践編
【かさこ塾】





[PR]

by azamixxblog | 2015-11-11 10:35 | 素敵人生のヒント・コツ


<< 【実録】スマホ禁止デーで私たち...      【炎上じゃないバズる記事の書き... >>


その他のジャンル