器用貧乏サラリーマンazamixx(あざみっくす)の「人生が素敵になるかもしれないブログ」

azamixx.exblog.jp
ブログトップ
2015年 11月 22日

自分を変えたい、踏み出したいと思って、バンジーをした話

みなさん、おはようございます。azamixxです。



先日、カメライターかさこさんのブログで、
とってもとっても素敵な話で、ちょっと泣きそうになったくらい心に響いた記事がありました。
その記事がこちら。


いつも躊躇していたその「一歩」を踏み出すことができた人の話。
今まで目の前のことから逃げてしまっていた人が、"自分の足で踏みだしチャレンジすること"ということが、
どれだけ大変で素敵なことか。

慣れた環境は楽なんです、新しいことをやるのは怖いんです。
でも、恥をかいてもいいやって思って開き直ってチャレンジすると、新しい景色が見れたりするんですよね。



私も本当にこの新しいことに踏み出すのが苦手でした。


2年ほど前、このことで本当に心底悩んでいた時期がありました。
環境を変えて新しく飛び込んた世界の仕事。
まるで成果が出ない日々が続いており、とにかく自分自身の何がダメなのか、ひたすら模索する日々でした。
でもその原因は、今まで要領だけよく物事をこなし、"目の前の対峙すべきことから逃げ続けてきた生き方"にありました。
だから実力勝負の仕事をやろうとすればするほど、楽して生きてきた自分の生き方が足かせになり、全然成果が出ない状況になっていたのです。


そんな原因が分かっていても、いつも不意をついて口から出るのは、「自分を守る言葉」ばかり。
本当に自分に嫌気がさしていたものです。


どうやったらそんな自分を変えられるか、私の根っこの部分を変えなければいけない、
と強く思い、自分を変えるためにいろんなことを試しました。
「滝を間近に見て瞑想する」「寺で座禅するなど」などいろいろ。


その中でも一番、”これはよくやったな"というのが、よみうりランドでの「バンジージャンプ」


バンジーは本当に素晴らしい。
何が素晴らしいって、他の絶叫系アトラクションと決定的に違うのが、
"自分の足で踏み出さないといけない"アトラクションであるということ。

ジェットコースターだってフリーフォールだって、乗ったら後は自動的に進むじゃないですか。
でも、バンジーは自分が踏み出さないと始まらないんです。
しかもスタッフの人って意外と背中を押してくれたりしないんですよね(笑)
だから、これは自分が変わるには絶対打ってつけだ!と思って、
休日の家族で賑わう遊園地に一人でいって、バンジーをしてきたんです。


ま、結局飛んだあと自分が変わったかって言われたら、
大した変化はなかったんですけどね(笑)


でも、いま思えば、変わろうとして今までとったことのない行動を始めていた時点で、
もしかすると既に自分自身が変わり始めてたのかもしれません。
まさにそれらの行動一つ一つが踏み出す行動だったと思ったりもします。

e0342513_09183403.jpg
ここから飛び降りました(笑)

■■■関連記事■■■



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
■SNSアカウントのお知らせ
azamixx facebookとtwitterをやっています。
それぞれ友達申請、フォロー自由ですので、
よろしくお願いいたします

【facebook】

【twitter】


■大好評!無料で簡単に日本中の人とつながれる新企画オンラインスナック「あざみっくす」
次回は 
11月23日(月・祝)19:00~22:00
11月29日(日)19:00~22:00 オープン予定です!



■azamixx主催の生放送インターネット放送
【AZAMIXX Broad Channel】放送決定!
↓番組サイトはこちら↓


■私も卒業しました!
好きを仕事にするセルフブランディング&ブログ術実践編
【かさこ塾】



[PR]

by azamixxblog | 2015-11-22 09:21 | 素敵人生のヒント・コツ


<< 【初めての方へ】オンラインスナ...      「楽しい」「面白い」が行動動機... >>


その他のジャンル