器用貧乏サラリーマンazamixx(あざみっくす)の「人生が素敵になるかもしれないブログ」

azamixx.exblog.jp
ブログトップ
2015年 11月 23日

「悩み」とは「課題」を肥大化させる厄介者

みなさん、こんばんは。azamixxです。



昨日、とある仙人のような生活をしている方とじっくりお話する機会がございまして、
私には持ち合わせていない、非常に興味深い価値観を持たれていることが印象的で、
一夜あけた今日も、昨日の話で出ていたあることを考えていました。


それは、
「悩み」とは何か。



その方は生まれてから今まで悩んだことがないらしいのです。
「悩んだことがないだと?そんなことがありえるのか?」とめちゃくちゃ思ったのですが、
話を聞くとどうやら本当らしい。
死ななければどうにかなる、という究極の幸せレベルで生活しているので、
どっちの選択肢がどうか、とかは関係なく、
どちらが物理的に良い選択か、を感情抜きで実にリアリティある選択ができるようです。


なるほど、それはうらやましい。


多くの人が発生した「課題」に対して「悩む」という行動をすることが多いと思っています。
ではどうすれば、この悩みの呪縛から逃れるか。


そのことを考えていたら、
悩みをゼロにすることは極めて難しいが、
無駄に悩む時間はかなりカットできるのではないかなと、思いました。




「悩み」とは「課題」を包む要素なだけだと思います。
発生した「課題」に対して、「どうしよう」「いやだな」っていう「悩み」を繰り返すことで、
どんどん「課題」が「悩み」につつまれ、肥大化してします。
結果、その「課題」に向き合うことのハードルをめちゃくちゃ上げてしまうだと思います。

要は、その「課題」自体は発生した時点からいくら悩んだって、内容も形も変わっていない。
それを自分自身で「悩み」続けることで大きな問題にしてしまっているだけなんだと思います。
そう考えると、悩むって無駄な時間なんだなって改めて思います。

目の前に課題が現れた瞬間(しかもそれがやらなければならないことであればあるほど)、
これをいつどうするか、の道筋だけでも立てて、
その時点できる選択を行い、コマを前に進めておくことが重要。



ちなみに、私はこれがめちゃくちゃ下手なんです。
課題が目の前に現れた瞬間に、後でゆっくり考えよう、とすぐに後回しにしてしまう。

今でも仕事上で、早くやっておけばワクワク楽しくできるはずのタスクが、
後回しにしたことで「やらなければならない感」が増大して、
どうしようと悩む時間が増えていることがあります。



だから、「課題」は「悩み」で肥大化する前にコマを動かしておく。
動き出したコマをちょんちょん進めるのは意外と楽だったりもします。
逆に肥大化したコマは重くてなかなか動かないものです。
そりゃ、最初はあんな小さかった「課題」が「悩み」という要素で、
どんどん膨らんで次第に自分では動かせないほどになってしまう。


そうやって考えれば、「課題」が現れたときには悩むのは一回くらいにして、
ちょっとだけでも課題が前に進むよう、アクションをすることが大事なんだなーって思いました。


■■■関連記事■■■



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
■SNSアカウントのお知らせ
azamixx facebookとtwitterをやっています。
それぞれ友達申請、フォロー自由ですので、
よろしくお願いいたします

【facebook】

【twitter】


■大好評!無料で簡単に日本中の人とつながれる新企画オンラインスナック「あざみっくす」次回は 11月23日(月・祝)19:00~22:0011月29日(日)19:00~22:00 オープン予定です!



■azamixx主催の生放送インターネット放送
【AZAMIXX Broad Channel】放送決定!
↓番組サイトはこちら↓


■私も卒業しました!
好きを仕事にするセルフブランディング&ブログ術実践編
【かさこ塾】



[PR]

by azamixxblog | 2015-11-23 18:17 | 素敵人生のヒント・コツ


<< オンラインスナック 安定して...      【初めての方へ】オンラインスナ... >>


その他のジャンル