器用貧乏サラリーマンazamixx(あざみっくす)の「人生が素敵になるかもしれないブログ」

azamixx.exblog.jp
ブログトップ
2015年 12月 11日

人にコンサルを依頼するなら、その人が謙虚かどうかだけは確かめたほうが良い話

みなさん、おはようございます。azamixxです。



SNSで多くの方の発信を拝見させていただく中で、
よくよく思うことがあります。


○○コンサルタント、といったコンサルを名乗る方が非常に多いなって思います。

私は何となくこの「コンサル」という言葉がいつまでたっても違和感を感じるんですよね。
なぜかというと、コンサルってのは圧倒的な専門的知見を持ちつつも、
それを学びたいと思っている人に、がっちりインプットさせられる力が必要なのに、
それができないくせに「コンサル」を名乗って、お金を取っている人が存在するからです。


専門スキルなんて、ずっと続けていれば身につくんですよ。
でも、それを体系立てて人に伝え、伝えた人がアクションをしっかり起こす、
これができるのが本当のコンサルだと思います。

セミナーや講演をじゃんじゃんやって、それらしい言葉を並べて話し、
何となくいい話だったなーって参加者に思わせるなんて、ぶっちゃけめちゃ簡単。
重要なのは、実際に参加者が自発的にアクションを起こせるかどうか。



では、どうやったら本質的に良いコンサルを選べるか、たった一つの視点があります。
それは、そのコンサルタントが誰に対しても謙虚であるかどうか。

理由は、誰に対しても謙虚であること=学びの姿勢を持っていること=自分を常に高めようとしている人、だからです。



先に申し上げた通り、コンサルって専門知識だけじゃなくて、
人に理解してもらう別のスキルもめちゃくちゃ必要。
技術の見せ方、伝え方、人間性、プロモーションなど。


そのスキルを磨くためには、専門知識で満足することなく、
常に自らが誰に対しても学びの姿勢を持っているか、がポイントだと思います。

ただ、残念なことに、一部のコンサルは自分の専門スキルが高いことに自信を持っちゃって、
謙虚さを欠いている人がいます。
「俺は今までこれだけの実績があるから、教えてやる」
「言う通りすれば成功するから、教えてやる」
アホかと思います。

はっきり言わせていただきますが、謙虚さの無い人間は既にその時点で成長が止まっている。
だから人に伝えるスキルも向上しないし、そもそも謙虚でない人間に人は集まりません。



だから、そのコンサルは謙虚な姿勢を持っているかどうか、
そこは重要なポイントであります。
※パーソナルブランディング上、「おらおら」っぽく見せてるけど、実際には謙虚なひと、という方もいるので、あくまで本質の部分を見るようにすると良いと思います。



■■■関連記事■■■


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
■SNSアカウントのお知らせ
azamixx facebookとtwitterをやっています。
それぞれ友達申請、フォロー自由ですので、
よろしくお願いいたします

【facebook】

【twitter】
■大好評!無料で簡単に日本中の人とつながれる新企画オンラインスナック「あざみっくす」
次回は 12月13日(日)19:00~22:00 オープン予定です!



■azamixx主催の生放送インターネット放送
【AZAMIXX Broad Channel】放送決定!
↓番組サイトはこちら↓


■私も卒業しました!
好きを仕事にするセルフブランディング&ブログ術実践編
【かさこ塾】



[PR]

by azamixxblog | 2015-12-11 08:22 | 素敵人生のヒント・コツ


<< オンラインスナックは異次元コミ...      仕事してお金をもらうなら「神は... >>


その他のジャンル