器用貧乏サラリーマンazamixx(あざみっくす)の「人生が素敵になるかもしれないブログ」

azamixx.exblog.jp
ブログトップ
2015年 12月 23日

能動的に動くメンバーで実施される企画は最強に面白い話

みなさん、こんばんは、azamixxです。



社会人になると大抵、何かしらの組織やコミュニティに属することは多いですよね。
そして、そういった組織・コミュニティにおいても企画を立てることは頻繁に行われております。
そのシチュエーションにおいて絶対必要なのが、実行委員や運営責任者。

ただ・・・なんでしょうね、日本人の特性なのか、
みんな「自分はリスクを負いたくない」「責任を追及されるのは嫌だ」
といって、責任者になったり実行部隊になったりすることを避ける傾向にあります。

それでもリーダーや運営者は必要だから、
いやいやながらそういったメンバーが選ばれたりします。



一方で、こういった企画をやりたいと提言したのち、
「私やります!」「実行委員になります!」と積極的に手を挙げる組織もある。


やむを得ず選ばれたメンバーで進める企画と、
自ら手を挙げたメンバーで進める企画、
どちらがより素晴らしい企画になるか、それは火を見るよりも明らかであります。


そもそもゴール設定が両者では違います。

やむを得ず選ばれたメンバーで行う企画は、何とか無事に企画が成り立つことをゴールとしがちな一方、
自ら手を挙げたメンバーで行う企画は、みんなが楽しめる企画をゴールとする。

そりゃ、結果にも歴然とした差ができます。



私も数々の企画をやってきて、皆が楽しめる企画にするにはどうしたらいいか、を徹底的に考えてきました。
皆にはやし立てられ企画したものの、人が集まらず身銭(数十万レベル)を切ったこともあるし、
だれも出し物をしなければ自分でやる(ウケない笑)。

そうやっていろんな失敗をしてきて気づいた結論があります。


それは、参加者(運営者)が能動的なモチベーションになっていることが、
最も成功するということ。
簡単なことのように見えますが、参加者を能動的なモチベーションに持っていくってもはや神業レベル。

だって、みんな仕事もしてるし、時間は極めて限られている。
いろんなことの優先度をつけている中で、
その企画の優先度をグイッと上げてもらわねばなりません。


そんな時間の限られた社会人達が集まった組織において、
「これやる人!」「ハイ!」って手が上がる組織のポテンシャルは計り知れない。

数百万レベルの企画を動かしてきた私が言うから間違いない。


ただ単に無事に成功させるなんて、ぶっちゃけめちゃ余裕なんすよ。
参加者一人残らず心から楽しい企画にするために徹底的に考え、
ブラッシュアップしまくる、PDCA回しまくる、
それが企画・運営の神髄であります。


そういう能動的組織の動きを間近に感じたことが今日あったので、思わず記事にしました。
企画が無事、前代未聞な素晴らしいものになることを願い、
私も粉骨砕身、頑張る所存でおります。


■■■関連記事■■■

↓私の記事じゃないけど、一番親和性が高いので転載許してください!かさこさん!↓

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
■SNSアカウントのお知らせ
azamixx facebookとtwitterをやっています。
それぞれ友達申請、フォロー自由ですので、
よろしくお願いいたします

【facebook】

【twitter】

■大好評!無料で簡単に日本中の人とつながれる新企画オンラインスナック「あざみっくす」
次回は 12月27日(日)19:00~22:00 オープン予定です!



■azamixx主催の生放送インターネット放送
【AZAMIXX Broad Channel】放送決定!
↓番組サイトはこちら↓


■私も卒業しました!
好きを仕事にするセルフブランディング&ブログ術実践編
【かさこ塾】



[PR]

by azamixxblog | 2015-12-23 18:41 | 素敵人生のヒント・コツ


<< はじめてのDTM講座を開催した話      【読書会】たったの1時間で本が... >>


その他のジャンル